7月も百名山を訪ね歩いてますよ-2/3。

続きです・・・。
7月の夏山・南アルプス&百名山を訪ね歩く山旅の続きです。
翌7/23日は、南アルプス市営長衛小屋前から、甲斐駒ケ岳へ仙水峠~駒津峰~魔利支天経由で登りました。
この日も天気は良くなるはずでしたが、甲斐駒ケ岳の山頂まではガスで視界の悪い歩きをしました。


鋸岳と甲斐駒ケ岳(右)、奥には八ケ岳連峰

画像


時折、南アルプス天然水を飲みながら・・。

画像


仙水小屋を過ぎてしばらく樹林を進むと、いよいよ岩ごろの登山道に。

画像


仙水峠に到着。しかし厚いガスで眺望は無し。

画像


こちらの鳳凰三山、地蔵岳のオリベスクはよく分かります。

画像


先行者を抜いて私は、すぐに歩き始めました。

画像


疲れた頃に、タカネバラが咲いててくれました。
ガンバレて囁いてくれたような・・。

画像


まったく視界の無い、六合目・駒津峰に到着。

画像


いよいよこの先が、スリル満点の岩場がある登山道。
濡れているので慎重に進みました。

画像


画像


直登コースと巻き道の分岐
もちろん巻き道を進みましたよ。

画像


花崗岩の砂利道を登り始めました。

画像


踏ん張りどころまで来ました。
もう少し頑張れば、甲斐駒ケ岳山頂です。

画像


後5分の標識にわくわくして登りました。
そして山頂に・・やった~。

画像


昼ごはんを食べて一休み。
記念撮影して下山です。

画像


下りの方が危なっかしいですね。

画像


六方石にて、大休止しました。

画像


きつい岩場の登りです。
滑らないように足場に注意しましたよ。

画像


駒津峰・帰りは陽射しが出ました

画像


帰路は双児山経由で下山です。
なんかすっかりいい天気になりましたよ。

画像


双児山へ下山していきます。

画像


栗沢山から鳳凰に至る稜線

画像


双児山(2643m)に到着。

画像


下山すると臨時バスが30分早く出るのに乗れました・ラッキー。
仙流荘にてのんびりと汗流して帰りました。

そして7/25~26は、再び山梨・鳳凰三山へ・・。

高速道路の事故で青木鉱泉に1時間遅れで到着。
花の撮影をしていると、千葉のお二人さんが到着、一緒に歩くことに。
ドンドコ沢登山口~南精進ヶ滝~五色滝~鳳凰小屋泊~地蔵岳~観音岳~薬師岳~中道登山道下山

画像


画像


南精進ヶ滝
マイナスイオンを浴びながら、少し早いお昼ごはんで一休みしました。

画像


ウツギがまだ咲いてました。

画像


中段の滝つぼ、汗流しに入りたいくらい。(笑)

画像


自然の美を楽しみながら、疲れを癒しました。

画像


マルバダケブキ

画像


渡渉も何度かしながらの歩き、私は何度か南アルプスの天然水を飲みましたよ。

画像


厳しい上りが続き、へろへろに成りつつありました。
こんな処でまた似たようなお二人さんと出会う・・聞けば同じコースを歩くとか・。

画像


白糸の滝

画像


時折、野鳥たちも顔出してくれました。
ホシガラスさん、こんにちは・・。

画像


五色滝、少し滝に近づいてみました。

画像


地蔵岳のオベリスクを登山道から初めて眺める。

画像


庭園のような登山道を歩き、疲れが癒されました。

画像


鳳凰小屋に到着。受付を済ませリュックを部屋に置いた後はビールで乾杯・・。
噂のカレーを楽しみに待ちました。

画像


夕食後は、談話室でしばらく山談義、明日は地蔵岳に向けて3時半に出発です。
そして本日も消灯時間、布団に入り爆睡です。

次の朝、でも真っ暗のなかヘッデン点けていざ出発。

画像


地蔵岳(2764m)のオベリスク。
なんとか日の出前に到着出来ました。

画像


朝焼けの始まりです。
ポイントがよく分からず、賽の河原を走り回りました。(笑)

画像


地蔵岳にて朝日を眺める。

画像


画像


地蔵岳から北岳を背景に一枚。

画像


風の当たらない場所で朝食タイム。
温かいコーヒーが美味しかったです。

画像


・・・・続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック